<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

図書館の引っ越しについて

 勤務校が耐震工事に入るため、4ヶ月間図書館を閉館し
図書と書架と家具を移動させなければならない。私は全くの
素人のため、あちこちの司書のみなさんにそれぞれのやり方
や経験を教えてもらっている。

 そのまとめ
 1)最大限生徒に貸し出し、できるだけ移動する本を減らした
   方がよい。
 2)家具を先に移動させ、その後で段ボールづめした本を
   移動した方がよい。
 3)書架とその棚をナンバリングし、書架の位置グループに
   よって色分けしておく。
   1つの棚を1つの段ボールに入れることを原則(あくまで)
   に箱詰めする。(本はたてに入れた方がよい)
 4)後で再現しやすくするため、箱詰め前の棚を写真に記録
   しておく。
 5)移動先では、色分けに従って、できるだけ書架の場所ごと
   に固めて段ボールを置く。
 6)重ねられる段ボールは3,4段が限度である。 
[PR]
by nokogirisou | 2012-05-27 23:04 | 本と図書館

この懐かしさは何か

 山崎まさよしの「BLUE PERIOD」と「OUT OF BLUE」を聴く。
2005年のベストアルバムだ。音もクリアで、名曲が集まっている。
そしてとにかく懐かしい。これがもう7年も前に出たものだということ
に愕然とする。私はこの7年何をしていた?
 でもいま聴き直して、やはりいいなと思う。
 歌詞の言葉と、声のあつさと、じんじんくるメロディ。
今とても冷静に聞き直してみて、純粋に山崎の当時の音楽が好きだと
思う。そして、それと別のところで当時を懐かしいと思う気持ちがある。
リアルタイムで聴いていたころのことを遠い目でみてしまう。

 本当に「花の命は短くて 苦しきことのみ多かりき」なのだ。
[PR]
by nokogirisou | 2012-05-19 22:36 | 音楽

本音


テニスの練習が終わって車に乗り込んだとたんに携帯電話が鳴った。
あわてて出るといつもの旧友。ひたすら職場の悩みを語ること一時間。
きっとつらいのだろう。出口が見えないのだろう。でも毎度同じ内容だ。
聴くだけでへとへとになる。
ごめんね。私も疲れているんだよ。
なんでくやしいのか、どうして頭にくるのか、自分で紙に書いてごらんよ。
といって電話を終わりにした。
力になりたい気持ちは本当だ。
でも月曜日の夜の人生相談は勘弁してほしいのが本音。
[PR]
by nokogirisou | 2012-05-14 23:26 | 日々のいろいろ

山崎まさよし「太陽の約束」

 NHKの「日本のジレンマ」の最後に山崎まさよしの「セロリ」
が流れていた。今日は花屋でも「セロリ」のインスト版が流れて
いた。それもいいけれどほかにもいい歌があるのにと思う。
「ベンジャミン」「コイン」とかね。
山崎まさよしの1年7カ月ぶりのシングル「太陽の約束」を購入し
て聞いている。2011年のスタンディングツアーのdvdもついてい
た。「心拍数」など懐かしく聴く。(でもちょっと音程が以前ほど
シャープでない気がする。)
 「太陽の約束」は「スタジオパークからこんにちは」テーマソ
ングなのだそうだ。
   長い夜をこえて
    光
   喜びはいつも少し先にあるから

 など歌詞を聴き取っていると復興を意識した歌なのかなと思う。
 
 「あなたしか知らない空」を聴いていると切なくなる。
彼も苦しんでいるのだろうと思う。10代20代でなんでもなくいい
歌が生み出してきた人が、ある所から歌作りに苦しむことはよく
ある。

   いつもよいことばかりじゃないけど
   そんな時は少し手を休めて

 の部分のあいまいさ、ぼよーんとした感じが私を不安にさせる。
 
 これに「君が好き」「浜辺の歌」も入っていてなかなかお得
なシングルではある。新たな始まりの1枚ではあるだろう。

 ただ私は彼に日常性から離れた世界と思考のことばで語ってもらい
たい。人が生きていく苦しみを。

  リリースは嬉しいけれど完全には満足できないシングルか?
 
[PR]
by nokogirisou | 2012-05-13 22:07 | 音楽

母の日に

 事情があって、私は自分を育ててくれた母親と、うまくやって
これたとはいえない。思春期のころからずっとずっと反発してきた。
表面的には仲よくを心がけ、絶対心を許さないと思ったり、あるとき
は全面対決したり。さすがに大人になってからは面従腹背で、母への
怒りを本人の前で見せることはなくなった。
 しかし、ここ最近母が認知症の症状を見せるようになってちょっ
と変わってきた。最初はとにかくいらいらした。私は怒ってばかり
だった。なにもかも平気で忘れてしまうことがたまらなかった。
 けれども認知症のおかげで、母は私の生活に干渉や心配をしなく
なったのだ。自分の生活でいっぱいになったのだ。また母とけんか
ができなくなった。いろいろなことができなくなっていく母に、そ
して私との確執を忘れている母になんともいえない思いを抱いた。
 そのおかげもあってか、私のとげとげした母への思いが氷解して
いくのを感じる。本当に何で自分がそんなに母に対して怒っていた
のかわからなくなった。
 今日、花屋で義理の母のために花を買っているときに、私は自分を
育ててくれた母にここ何年も花など贈ったことがなかったことに気づ
いた。あわてて母をつれて再び花屋に向かった。花が好きな母はとて
も無邪気に喜んでいた。いろいろ迷いながら、二つの鉢植えを選んだ。
そして「幸せだ」と言った。この言葉を私はどう聞いたらよいのだろう?
[PR]
by nokogirisou | 2012-05-13 20:16 | 日々のいろいろ

里帰りをして

a0023152_21485068.jpg

 5月3日は毎年、田舎に帰る日にしている。この日はあちこち
に住むきょうだい、親戚が集まってくる。
 毎年なぜかこの日は晴れる。今回も雨の予報だったのに山は
晴れていた。青空に白い雲。理想的だった。今年は芽吹きが遅く
この一週間で芽吹いたそうだ。
 雪は思ったほど残ってはおらず、森の中にはカタクリの花が
満開で、田んぼに水がたっぷり張られ、帰るの卵がゆらゆら
揺れていた。山菜は例年より断然少ない。フキとわらびが少し。
 
 この20年はあっという間だったという気がする。浦島太郎
のように、一気に年をとってしまった感じだ。
 姉、兄と会って話せる時間も幸せなひとときだ。大人になって
からきょうだいの会話ができるようになった。中年になって
やっと気兼ねなく、話せるようになった気がする。
 彼らともついこの間会ったように思うが、もう1年が過ぎてい
たのだ。兄のユーモアたっぷり、気の利いた冗談とおしゃべりが
おもしろい。子どもの頃こんな人だっただろうか。小さい頃、
よくいじめられていたことを思い出す。なかまはずれにされたり、
おいかけられたりして私はよく泣いていた。
 姉は、昔とすこしも変わらない。話し方も優しさも。そして
この人は年をとらない。
 姉兄に会うのが楽しみで私は里帰りしているのかもしれない。
もちろん田舎のなつかしい空気を吸うためでもあるけれど。 
[PR]
by nokogirisou | 2012-05-04 21:49 | 日々のいろいろ