<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

図書館から拓く子どもたちの未来

  7月29日(月)ほんぽーと新潟市中央図書館研修室を会場に
千葉県立印旛明誠高校学校司書の山中規子さんと、こちらの高校
で図書館ボランティアをしている子安伸枝さんをお招きした学校図
書館の研修会があり、参加してきた。

 テーマは「図書館から拓く子どもたちの未来」である。
 山中さんは本当に子どもたちの未来を考えて図書館利用指導を
行っている方だった。将来子どもたちが、どんな市町村、あるいは
世界各国のどんな都市で生活しようとも、小さな興味をもって図書
館を利用し、たくましく生き抜けるように日々、図書館運営を行って
おられる。生涯にわたって自分から資料に近づき、情報とうまくかか
わっていける社会人を育てようという意識をもっておられるのだった。

 お話は、印旛明誠高校の引っ越しにともなう、図書館移転の奮闘記
から始まり、海外の図書館という視点からみた日本の学校図書館の
現状と展望、フランスの学校図書館のドキュマンタリスト教員と指導
教官によるレポート作成の授業の報告、司書と司書教諭の連携と
分担の話に及んだ。

 印象に残っているのは、
「与えすぎるのではなく、求められる存在としての学校図書館を
めざしている」
「ほしいものを自分から求め、探そうという生徒を育てたい」
「学校図書館の専門職である司書や司書教諭はまず自分がヘビー
ユーザーとなって学校図書館の有効性を身をもって生徒に伝えて
いってほしい」という言葉である。
  
 子安さんの方からは、フランスをはじめとする海外の学校図書館
公共図書館のようすが報告された。国によって事情はさまざまだが
どの国も図書館の重要性については、共通の熱い思いを抱いて
いることがわかった。
 フランスの2教科横断のテーマによるレポート作成の授業は
大変興味深く、日本でもぜひ取り入れていきたいと感じた。

 
[PR]
by nokogirisou | 2013-07-30 01:10 | 本と図書館

夏の京都

 
a0023152_1293368.jpg

 周囲の人にあきれられるのだが、年末の京都に引き続き、夏の京都を
旅してきた。
 今回は、20日に北野天満宮、貴船、下鴨神社のみたらし祭
 21日に広隆寺、妙心寺、伏見稲荷
 を回った。

 北野天満宮は、広大なかごの中で梅ぼしを行っていたのが印象的だった。
 貴船は川床といきたいが、大変混んでいるうえに高価なため、見学だけ
して、川に足を浸して楽しんだ。
 貴船神社も大変な人出で、七夕の短冊を書いたり、水にひたすと文字が
うかびだすおみじくをひく人たちであふれていた。
 冬にきたときと、夏では大きく雰囲気が異なる下賀茂神社。糺の森は
せみの声。
 みたらし祭は新潟の「蒲原まつり」のような大賑わい。
 みたらし池に足をいれておこなうみぞぎは大変気持ちよい。
 年末閉店していて食べ損ねたみたらしだんごも堪能した。

 広隆寺の弥勒菩薩の美しさは、うわさ以上だった。中性の美しさ。
 中宮寺の弥勒菩薩半跏思惟像の方が女性的であるように感じた。

 妙心寺はたくさんの塔頭があり、大徳寺のような趣だ。
 退蔵院のお庭と、瓢鮎図をしみじみ堪能する。
 水がすくないためか、鹿威しの音がゆっくりに感じられた。

 最後は、現在外国人観光客の人気1位になったという伏見稲荷
を参拝した。JR稲荷駅をおりたらすぐである。
あのたくさんの紅い鳥居が魅力なのだろう。本当にアジア系の
観光客が大勢で圧倒された。

 夏の京都も魅力的だった。
 



 
[PR]
by nokogirisou | 2013-07-22 01:12 |

自動思考について

  「新潟カウンセリングルームさくら」代表の小林さんの講演を聴く
機会があった。「対人関係をよりよくするために」というテーマでお話
していただいたのだが、来談者の相談には、実際にまだ対人関係を
結ぶ前の不安の相談が多いということだった。過去のネガティブな経
験や、成育歴、その他様々な条件が重なって、私たちは次の新たな
対人関係を結ぶ際に、警戒してしまったり、マイナス思考から関係を
結ぶことを避けたり、拒否してしまうことがあるという。
 
 そういう私たちを支配するのは「自動思考」だそうだ。たしかに無意識
のうちに私たちの中に、偏った、ネガティブな思考回路に陥ってしまうこ
とがある。「どうせ私は…なんだ」「こんなことをしたら変におもわれるだろう」
「これを言ったら、嫌われるだろう」などと、勝手に先取りして考えて
自分で自分の行動を制御したり、暗くなったり、落ち込んだりすることが
ある。相手の何気ない、仕草や顔色、表情に敏感に反応して悪い方に
想像してしまうこともよくある。私もついつい相手の顔色を窺ってしまう癖が
ある。

 これに対して、小林さんは、無理にポジティブ思考に変えようとか、
性格を変えようなどと考える必要はないという。ただ、そういうネガティブな
自動思考に陥っていることに気づくこと、別の視点、別の考え方がある
ことを意識することが重要だという。
 これは、自然とできることではないので、やはり思考のスキル練習が
必要になるらしい。私たちの思考は、体の運動と同じように、エクササイズ
をしないと自由自在にはならない。変えられない。
 日常の中のちょっとした不快感や不愉快な気分のときに、自分自身を
客観的に見てみる訓練、様々な視点を持ってみる訓練をしてみるとよい
のかもしれない。小さなこと思考の練習を積み重ねることで、本当に
困ったとき、ネガティブ回路から抜け出せなくなったときに、自分自身を
楽にすることができるようになる。

 


 
[PR]
by nokogirisou | 2013-07-06 04:52 | 日々のいろいろ