<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『キネマの神様』原田マハ

  「観るたびに思う。映画は旅なのだと。幕開け
とともに一瞬にして観るものを別世界へ連れ出し
てしまう。名画とはそういうものではないか。そし
てエンドロールは旅の終着駅」
 ちょっとくさいが、このあとにエンドロールの余韻
と哀愁が語られて、すっかりいい気分になる。冒頭
にこんなことを語る著者は、無類の映画好きに違い
ない。
 実際、この小説の中には私の知っている数少ない
映画作品、また見たことのないたくさんの映画作品
が登場する。読みながら、すぐにでも映画をみたく
なっている。
 この作品の登場人物はみな一癖ふた癖あるが、
映画に愛を抱いているいる人ばかりだ。
 映画とギャンブルが大好きな父親と、39歳にして、
突然課長職をしていた会社を辞めた娘「歩」の交流
を軸に、映画好きや映画にまつわる人々の人間関
係が絡まっていく。

 「キネマの神様」というのは、映画好きの歩の父親
が信じている「劇場のどこかで、一緒に映画をみつめ
る」存在だ。そしてこの「キネマの神様」こそがのちに、
映画評のブログのサイト名となる。このサイトをめぐっ
て、ドタバタが繰り広げられる。

 私が魅力を感じたのは、新村穣というアニメオタク
の雑誌「映友」の編集者だ。彼のさりげないやさしさに
は好感を持てる。そして、この小説を読み終えたとき
にはなんだが、胸があったかくなっているのを感じる。
映画を観終った時のような感触。


 蛇足ながら、なぜこの本を読むことになったかについて。
 高校時代にある友人が言った。「私映画が好きだなあ」
なぜが、ずっと耳に残っている。
まだシネコンなどない時代だ。町にはとりあえず映画館
はあった。そして毎週テレビで映画放映があった。彼女は、
毎週欠かさずそれを観ていたし、劇場でかかっていた映画
もけっこう見ていた。私の知らない外国の女優俳優の名前も
よく知っていた。私も映画が好きだったが、見ている量が彼
女にとうてい及ぶわけはなく、とても「私も好きだよ」と言え
なくなってしまった。

 その友人が先日、亡くなってしまった。大人になってからは
ほとんと会えなかったし、映画の話などしなかったけれど、
彼女はきっとあれからも沢山の作品を観続けたのだろう。
ご冥福をお祈りする。
[PR]
by nokogirisou | 2013-10-18 22:38 | 本と図書館