<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

佐村河内問題

 佐村河内問題には驚かされた。被爆2世で全聾者で、感動的な作曲を続け
ているという話題性は、まゆつばだったが、その神話が本当にガラガラすっか
り崩れたからだ。私の周囲の人たちは『交響曲第1番HIROSHIMA』をよく話
題にしていたが、残念ながら私はこれまで佐村河内守氏が新垣隆に作曲させ
ていたという『交響曲第1番HIROSHIMA』も『ピアノのためのレクイエム』も
を聴いたことがなかった。また、NHKスペシャルの放映も観ていなかった。
 だから、この問題を奇妙に思いながらも、その本質がよくわからなかった。 
しかし青柳いづみこの「どこまでがドビュッシー?」(17)(『図書』4月号)を
読んで、その分析がとても興味深く、なるほどと思うことがいくつかあった。

 ゴーストライターの新垣氏は現代音楽の作曲を仕事の本流にしていて
佐村河内氏の依頼する調性音楽の作曲は「息抜き」だったという。
チャイコフスキーやマーラーなどの後期ロマン派の音で満たされていて
とてもわかりやすい、感動的な作風だっという。
 一方新垣氏の本来の作風は『交響曲第1番HIROSHIMA』とは真逆の
様々なジャンルと時代の音楽のコラージュにテキストやパフォーマンスを
組み合わせたものなのだそうだ。
 青柳いづみこは新垣氏の二重人格ぶりに興味を抱いている。

 私は、一般の人々がやっぱり後期ロマン派のわかりやすい音楽が好き
だという点に興味を持った。なぜ多くの日本人を感動させ、高収入を得るの
は後期ロマン派的な音楽なのか。そして一方なぜ、作曲家たちは現代音楽
を求め、難解で不条理に満ちた調性のない曲を作り続けるのか。この乖離
は何を意味するのだろうか。
 
 青柳いづみこは、佐村河内作品と新垣作品の共通項をドビュッシーに
求める。ドビュッシーは分裂した性格を持ち、ワーグナーに劣らぬ濃密な
ロマンティシズムをたたえた作品を作る一方で、美しいメロディを断ち切
る作風へと転じていったという。

 
[PR]
by nokogirisou | 2014-03-31 00:31 | 音楽

大植英次のチャイコフスキー交響曲第5番

 3月2日に東京交響楽団第82回新潟定期演奏会があった。
ちょっと仕事がたてこんでいて、演奏会に行く余裕はなかった
のだが大植英次指揮のチャイコフスキー5番が聞きたくて、思
い切って、りゅうーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサート
ホールに普段着ででかけてきた。
 大植さんはバーンスタインの弟子だそうだ。
 そうしたら、最初のキャンデード組曲から鳥肌ものだった。
指揮はリズミカルなダンスのようだった。指揮というよりも演じて
いるかのように見えた。
 この曲はバーンスタインのアシスタントや楽譜編集者を務めた
チャーリー・ハーモンがもともとオペレッタだったものを演奏会用
組曲に編曲したもので、1999年に大植英次がミネソタ管弦楽団
によって初演している。
 すっかり、全曲彼のハートの中に入っている曲なのだということが
わかった。大植にぴったりの、にぎやかで楽しい、全9曲が一気に
演奏されてすっかり魅了された。その後すかさず、大植はソリスト
たちをたたえ、拍手が鳴りやまない。
 
 次はチャイコフスキーの「ロミオをジュリエット」
モンタギュー家とキャピュレット家の対立の部分ととてももりあがる。
イングリッシュホルンとヴィオラで始まる愛のテーマを聞き逃さない
ようにしているうちに、また激しい戦い。
 物語の展開がきっちりとてもよく表現されていた。

 最後は、チャイコフスキーの交響曲5番。
 これまで聴いたチャイ5の演奏の中でもっとも印象に残る演奏だった。
私はとくに2楽章と4楽章のインパクトが強かった。
 とにかくメリハリの付け方、テンポの変化の付け方、リズムの刻み
方、個性的だった。オケを徹底的に鳴らす。金管楽器はもともと
よく鳴るオケなのだが、弦楽器にも負けるなとばかり、気合を入れ続ける。
とくにチェロにならせならせと合図していた。
 楽団のみなさんのすみずみに合図、目配せ、息遣いを送る。
 楽団のみなさんもそれにこたえようとしているのが伝わってくる。
チャイコフスキー独特の音のリレーがすばらしい。
 指揮棒は出てきたり、隠れたり。

 音はもちろんだが、視覚的にも存分に音楽を楽しめ、興奮した。
オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンのソロが本当にいい音色だった。

 終わってしばらく、ブラボーと拍手が鳴りやまなかった。私も手が痛く
なるまで叩いていた。オーケストラってやっぱりおもしろい。楽しい。
[PR]
by nokogirisou | 2014-03-02 21:02 | 音楽