<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ラ・フォル・ジュルネ新潟2014

 4月27日(日)は大変あたたかく、いい天気でラ・フォル・ジュルネ
日和だった。歩きながら、多くの知人に出くわした。それもまた楽し。
 今年のテーマは「三都物語 ウィーン・プラハ・ブダペスト」である。
とくに「民謡やロマ音楽など民衆の中から生まれた音楽に影響を受け
て作曲された音楽」が中心だという。だから取り上げられた作曲家は
ブラームス、ドヴォルザーク、バルトーク、あるいはベートーベン、
コダーイ、リストなどであった。
 今回は、チケット発売日に売り切れになった公演もあり、聴きたい公演
すべてを聴くことができたわけではないが、27日は音楽三昧の充実した
一日を過ごした。
 ラ・フォル・ジュルネの魅力は、一公演45分で、様々な公演を梯子でき
ることと、りゅーとぴあ、白山公園、上古町一体を散歩しながら楽しめる
ことだ。この日ばかりは古町も活気づき、飲食店も満員だった。久しぶり
に古町を歩いた気がする。新発見するお店も多数あった。
 
 スタートは三越特設会場での鍵冨源太郎(Vl)と湯原拓哉(Vc)の
デュオだった。これは鍵冨の旧小澤邸会場の演奏会のチケットが
即売だったため、特別に設けられた無料の演奏会だったが、なかなか
よかった。鍵冨源太郎の演奏を間近で見、聞くことができたのは喜びだ。
すっかり青年然として、落ち着き、湯原とコミュニケーションをとりながら
楽しそうに演奏する姿は見ていて心地のよいものだった。最近はソロと
してよりも室内楽で活躍している鍵冨だ。
 演奏された曲もハイドン、ゴダール、「ムーンリバー」と趣が異なり、
おもしろかった。とくにフランスのゴダールの「さわやかな朝」(という
タイトルだったと記憶しているのだが)は初めて聞く曲だが印象深か
った。アンコールは「ロンドンデリーの歌」でアレンジがとてもよかった。
 
 次は、りゅーとぴあの能楽堂に移動し、奥村愛(vl)粟津惇(vl)
山田那央(vla)奥村景(Vc)関ますみ(Cb)の弦楽五重奏を聴いた。
おもしろい編成である。能楽堂で室内楽を聴くのは初めてだったが、
なかなかマッチしていたと思う。バルトークのルーマニア民俗舞曲が
乗っていてよかった。ドヴォサークの弦楽五重奏曲第二番は
やや途中まったりしたが、聞きごたえはあった。

 それから、りゅーとぴあのコンサートホールに移動した。これは
とても聞きたかったドヴォルザークのチェロ協奏曲ロ短調。
ロストロポーヴィチの演奏で何度もCDを聴いてきたが、生演奏が
聴きたかった。
 チェリストは若きりりしき、オーレリアン・パスカル。オケは大友直人
指揮の群馬交響楽団。チェロがわかわかしくみずみずしい演奏で
好感を持った。オケはホルンがちょっと残念だったが、木管がすば
らしく、なかなかいい音色だった。
 演奏後はブラボーの嵐。拍手なりやまず。けれどもアンコールはなし。

 途中、Dr.可児で一休みしながら、ワインも飲んだし、本当にお祭り
を楽しんだ。残念だったのは、ブラームスが聴けなかったこと。時間の
関係で聴く予定だった、ピアノコンチェルトをキャンセルしなければなら
なかった。ブラームスはまだまだ聴きたい曲がたくさんあったのだが、
今回のプログラムには残念ながら入っていなくて心残りだった。
 さて、来年のテーマはなんだろう。今から来年が楽しみである。
[PR]
by nokogirisou | 2014-04-29 02:33 | 音楽