<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

全国大学国語教育学会第130回新潟大会

学会員でもなく、国語教育学を学んでいるわけでもないが、地元開催
だったので、新潟大学に遊びに行ってみた。全国からたくさんの研究者
や実践家が集まってお祭りのようだった。学会というのは、みなそんなも
のなのかもしれない。とにかく青い空で、いい天気で、みなさんに新潟
大学の建物の最上階から日本海を見てもらいたいと思った。

 最初に一番印象に残ったことから書こう。私はなぜ国語教育と学校
図書館が協力して授業をする形にならないのか、そういう研究が少ない
のかとても疑問に思った。国語教育の中になかなかまるごと本を一冊
読む実践が出てこないのも不思議だった。それで主催者に質問した。
すると「日本の敗戦後、学校に読む本が著不足した状況から長らく学校
に図書館がなかった。それで日本の国語教育と学校図書館教育が、別々
に発展することになってしまったのだ」といわれた。それをずっと今もひき
ずっているのだ。したがって、読解と読書が別に論じられることになり、
作文は国語で書かせるが、レポートを書く探究的な学習は「情報」や「総合」
にまかされる。国語でレポートを書くための言語技術が十分教えられない
状況も生まれた。
 以前の大会では、リテラチャーサークルやアニマシオンやブッククラブ
の実践紹介もあったそうだが、今回の大会では全く登場しなかった。

 さて、改めて国語教育学というのは、本当に幅が広いということがわか
った。自由研究発表の時間が一日目の午前と2日目の午後にあり、様々
な研究発表がたくさんの会場でくりひろげられた。
 素人なりに勝手に分類すると、国語教育史、小中高の授業実践研究、
教材分析、国語教師論、作文の評価方法研究、文学の授業研究、説明
的文章・論理的文章の授業研究、メディアリテラシーとしての国語教育、
古典授業の開発、英語教育との関連、それからどう分類したらいいのか、
わからないものまでとにかく多種多様だった。
 テーマだけでなく研究方法も多彩だった。統計学の手法を用いたものが
一番多かっただろうか。因子分析が今一つ私にはわからなかった。その他
昔の文献をあたったもの実践例を分析したもの、海外の文学論を日本の
文学教育に応用し、具体的にあてはめる研究等である。

 1日目の午後は「読書人を育成する国語教育のあり方」というシンポ
ジウムが、2日目の午前には「国語科教育における理論と実践の統合」
というテーマで課題研究発表という名のシンポジウムが行われた。
いつも思うが「読書」や「読書人」の定義が難しい。それぞれ微妙にずれ
るので、なかなか難しい。

 また2日目の午後は自由研究発表と並行して、ラウンドテーブルという
ミニシンポジウムが行われていた。テーマは「これからの国語科教員養成
を見つめて」と「読書と周辺領域をめぐって」。

 今回なんども耳にした用語は「単元を貫く言語活動」「インストラクション」
「要約 縮約」「読書人」「読書習慣」「省察」。一方「アクティブラーニング」は
もう自明のことだからか、あまり話題にならなかった。
 それから、くりかえし引用される研究者の名前を何人か覚えた。そして
論文がたくさん引用されている研究者が、同じ分科会会場におられて、質問
しているのでびっくりした。国語教育の研究者も世代交代しつつあるようだ。
しかし参考文献の中に私もよく存じ上げている大村はま先生の名前が何度
も出てきたことに感銘を受けた。彼女は歴史的存在だ。そしてやはり偉大だ。

(彼女の最晩年に私は彼女のご講演を間近で聴くことができた。車椅子を
苅谷夏子さんが押しておられたことを鮮やかに思い出す。講演が始まると
車いすのまま、しゃんと背筋を伸ばして厳しい講演をされた。あれはめったに
ない貴重な機会だった。手書きの「てびき」を熱心に説明してくださったこと
が思い出される。)

 素人なので、とにかく質問したいことがたくさんあったが、発表の時間
制限が厳しく、なかなか満足に質問することはできなかった。けれども
頭のなかにたくさんのクエスチョンマークができたことは新鮮だった。
 地元開催というのはありがたい。たっぷり学会を体験することができた。
自分が日ごろいる世界と違う世界に接するのは、刺激的である。
 
[PR]
by nokogirisou | 2016-05-29 18:06 | 日々のいろいろ

子どもと子どもの本のために 

 新潟子どもの本を読む会主催の「リリアン・スミスの『児童文学論』に学ぶ」5期
の第一回目に参加した。人気の講座でなんとか混ぜていただいたのだ。
 講師の真壁伍郎先生は、お話がとても上手で魅力的な方だった。80歳という
ご高齢には見えない。大変情熱的な方だった。今回の講座は「文学とは何か」と
いう本質的な問題を考えさせる深いものだった。

 真壁先生は貴重な資料をたくさん持ってきてくださった。ずっと気になってい
た平凡社の『児童百科事典』『社会科事典』の実物は中身が濃くて驚いた。
瀬田貞二が出会って影響を受けた冨山房の『世界童話宝玉集』『日本童話
宝玉集』はアンソロジーの作り方としてとても興味深かった。
 古い貴重洋書も多く、英語がすらすら読めたらどんなによいだろうと思った。
読めなくても実際にページをめくるとその価値を指が感じる。

 今日の最後に真壁先生は、現代を生きる私たちからストーリーが失われて
いることに対する危惧、大きな物語の喪失に対する危機感を語っておられた。
これには同感である。

 子ども時代は短いが、人生の核をつくる時代であり、いいものに触れておく
ことが重要である。戦後、子どもたちに歴史に耐えうるよいものを与えようと
真剣になっていた大人がたくさんいたということが、とにかく感動的であった。
その一人が石井桃子であり、瀬田貞二である。

 石井桃子は「いいもの」に対する批評の基準を自分の中に持ち、それを
具体的な作品名で示した。そして、彼女はすぐれた編集者であった。
真壁先生は、アメリカの児童文学の編集者のメイ・マッシーの話をされたが
彼女と石井桃子の共通点を私は感じた。

 石井桃子は岩波書店の編集者だったが、彼女は47歳でアメリカに視察
に行き、カーネギー図書館学校で子どもの本の選書について学び、エリザ
ベス・ネズビットやキャロル・ムーア、リリアン・スミスらと出会っている。

 日本に戻ってから石井がやったのは、宮城県の小学校の教室で子ども
たちに自分の選んだ本を読むということだったという。最初は短い時間しか
集中できなかった子どもたちがしだいに2時間も聴いていることができるよう
になっていく。石井は、本を読みながら、つぶさに子どもたちの様子を観察
した。子どもたちが何を喜ぶか、どんな反応をするかを徹底的に見たのだと
いう。よい本は子どもと時間によって選ばれるという。
 そういう体験を通して、石井は子どもの本に対する確固として基準を持つ
ようになった。語られていることが具体的であるか、必然性があるか、ストー
リーに無理がないか、文章から絵が浮かぶか、空想がリアリスティックかなど
である。
 こういう基準を持ったことが子どもの本の編集者としての一層の強みになった
のだろうと思う。石井は生涯、子どもと子どもの本をつなぎ続けた。
 
 最近は何かの役に立つこと、実用的なこと、効率的にできることばかりを学ん
できたように思う。しかし今日は生きるとはどういうことか。子どもが大人になると
はどういうことか。文学には何ができるのかと真剣に考えた。震災が続く日本で
文学に、物語に何ができるのか。私たちは体験的に知っている。文学や物語に
傷ついた心が癒されること、文学や物語が人を勇気づける力があること。
 文学には、物語には「それでも一緒に生きていこう」というメッセージがある
のだと真壁先生は示唆していた。
 
[PR]
by nokogirisou | 2016-05-08 21:48 | 本と図書館

ラ・フォル・ジュルネ新潟2016

 今日は新潟市はクラシックストリート。ラ・フォル・ジュルネの関連
イベントである。市内あちこちのカフェやスタジオ27会場で生のクラ
シック音楽が楽しめる。
 4月28日29日30日はラ・フォル・ジュルネ新潟2016だった。
今年のテーマは「la nature ナチュールー自然と音楽」だった。
これまでの作曲家や国がテーマのときとは異なりプログラムは、
バロックから現代までの季節、風景、動物、川などの自然にちなむ
曲をセレクトしたものとなった。

 私は山宮るり子のハープ独奏と、フランク・ブラレイと渡邉玲雄の
コントラバスが加わったモディリアーニ四重奏団の演奏を聴いた。
山宮さんのハープは2度目だが、ハープの独奏でのスメタナの
「モルダウ」は大変感動した。一台の楽器なのに、オーケストラのよう
な様々な楽器の響きが聞こえてきた。ハープという楽器の表現力の
豊かさを存分に楽しめた。ピエルネの「即興奇想曲」ジョン・トーマス
の「吟遊詩人の故郷の別れ」も印象深った。

 モディリアーニ四重奏団らのシューベルトの「ピアノ五重奏曲イ長調
D667ます」は5楽章続けてきくと本当に大曲で、聴きごたえがある。
3楽章のスケルツォが特に生き生きと感じられ、その後一気に勢いづ
いたまま終わった気がした。室内楽の楽しさを十分楽しめた。

 コンセプトとしておもしろく、今まで知らなかった演奏家との出会い
があったが、規模や演奏家の顔ぶれを考えると、例年よりもトーン
ダウンしているように感じるのは私だけだろうか。
 今回の会場はりゅーとぴあのコンサートホールと能楽堂と劇場、2F
ロビーと音楽文化会館のホールと燕喜館。これまでのようにちょっと離
れた斎藤家別邸や小澤家での演奏会がなくなった。アーティストは初め
てお名前を知る方もいて、新鮮で興味はあったが、新潟に縁のあるアー
ティストが減っている気がした。様々な事情や考えがあるのだろうが、
もう少し核になるような著名な演奏家や新潟出身のアーティストたちの
演奏をはしごしてたくさん聞きたかったように思った。

 私は毎年ラ・フォル・ジュルネを楽しみにしている。継続することのむずか
しさは十分わかるが、ぜひ継続していってほしい。来年が楽しみだ。
[PR]
by nokogirisou | 2016-05-05 10:57 | 音楽

北書店(新潟市)

書店が大好きで、旅先でも、地元でもよく立ち寄るが、やはり、何度か通わないと本当の魅力はわからない。北書店は最も好きな書店の1つで、つい長居してしまう。私などは、まだ初心者だか、かなりコアな客が多く、そういう方々のコミュニティやイベントもある。店内はワンダーランド。棚が生きている。相性がよいのかもしれないが、まるで、自分のために本を選び並べてくれたのではないかと錯覚するほど、気になる本が、それぞれの棚面ごとに並んでいる。小説の棚模様が毎回変わっていて感動する。作家がとても大切にされている気がするのだ。さりげなく、高野文子の『るきさん』が平置きになっていたりするところも好きだ。クラフトエヴィング商會の本がたくさん並んでいるのもワクワクする。一番気になるのが、本屋さん関係の本を集めた一角で、古い観音開きの扉のついた棚の中に並ぶ本に惹きつけられる。児童書のコーナーも独特で、ここだけでもっと時間をかけて立ち読みしたくなる。
目下の目標は、カウンターと棚を行き来し、忙しそうな店長さんと本の話をすること。なかなか声をかけられなくて、決まりきった挨拶で終わっているのが残念。北書店は新潟市役所の向かえのマンションの一階にある。
a0023152_02224664.jpeg

[PR]
by nokogirisou | 2016-05-01 01:53 | 本と図書館