<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

学校図書館が周囲とつながるために…今井福司先生講演

新潟県高等学校図書館協議会第7回研究大会で、白百合女子大学の今井福司先生より講演していただく。
スライドや資料は
http://librarius.hatenablog.com/

学校図書館をめぐる定義やデータも、知っているようで、知らない。会場には新鮮な空気が流れていた。数字の示すチカラは大きい。
また、『学校図書館』2009年1月号から連載されていた、「新教育課程における学校図書館の活用」が紹介されていたが、私も記憶にある。ただあれから時間が経過しているので、学校図書館の活用は、進化しているのではないかと考えている。確認してみよう。

学習指導要領と学校図書館の関連については、丁寧にお話しいただき、わかりやすかった。
アクティブラーニングについての理解も進んだ。
『無藤隆が徹底解説 学習指導要領改訂のキーワード』を紹介いただき、食指が動いた。

探究的な学習の理想と必要性はよくわかる。現場で、探究学習が日常的に行われないのは、環境にも原因かあるだろうが、一番の原因は教員の理解不足、研修不足によると思う。
やはり、現場は知識伝達、同じ教材使用、詰め込み、一斉授業が安心で、やりやすいのである。探究学習を経験したことがない、図書館での学びを経験したことのない教員にとって、課題を設定し、テーマを決めさせて、情報を収集させ、整理分析させ、まとめさせ、発表させ、それを評価するのは、大変難儀なのである。 SSH指定校で、お金人材ノウハウのある学校でさえも、四苦八苦している。ちょっと気を抜けば形式的な作業に陥ってしまう。教員養成課程の中に学校図書館利用や探究学習の授業が必修であるとよいのだが。

読書の定義について、会場がちょっと湧いた。どこまでが定義か。人や時代や国によってちがうものらしい。いつも、読書について話し合うときに、人それぞれ定義や出発点の違うことにとまどいをおぼえている。
文科省の「高校生に関する意識等調査」の定義にはやや違和感も抱く。まあ、調査の性質上、対象を制限する必要があるのだろう。

会場で反応が大きかったのは、「学校図書館を巡る様々なトピック」の中の、さまざまなニーズを持った児童生徒へのアプローチの話題の中でのDA I SYやL Lブックの存在だった。真新しい話題ではないが、まだ新潟では実物を見た人は少なかった。

居場所としての図書館、神奈川県田奈高校の「びっかりカフェ」については、みなさんよくご存知だったが、図書館てゲームを行う実践、「テーブルトーク・ロールプレイングゲーム」(TR PG)を使った読書企画を行う学校図書館の事例は、新鮮だったようで、関心を示された方が多かった。

その他、学校図書館を専門にする研究者の少なさは、衝撃的だった。さらにカレントアウェアネスをはじめ、学校図書館の情報のありかを紹介いただき、喜んでいる参加者がたくさんいた。とにかく、資料が充実していた。

途中、振り返りやコメントを記入する場面が設けられていてよかったのだが、ほかの参加者と見せ合ったり、交流したりする場面があると、もっとよかったか。時間の関係でしかたなかったのかもしれないが、せっかくの多様なギミックをもうすこし活用したかった。これは運営側の反省であるが。





[PR]
by nokogirisou | 2017-12-03 09:24 | 本と図書館