クワガタとトンボ

 今日は、生き物の世話の日。グッピーの水替えと、クワガタ
の世話に追われた。
 夜、柏崎のトンボの師匠から電話あり。久しぶりだ。
今年の標本の総括と来年の計画。師匠のアドバイス。

1)とにかく、今年行った場所には来年も同じ時期に採集
 に行くこと。
2)4月後半コサナエ、シオカラにはじまって、その時期その
 時期にとれるトンボをとって、腕をきたえる。そして7,8月
 に本命の藪ヤンマとマルタンヤンマをめざす。
3)スペアでもう一本タモを用意する必要がある。「トンボと自然
 を守る会」で作っている網が一番。
 柄は、ダイワの釣り用うの6メートルのものがよいらしい。最
 近のは、軽くてすぐしなってしまうので要注意。
4)トンボの図鑑はたしかに北大のものがすばらしいが、最近
  はDVDもでていて、それが参考になる。やはり飛び方を
  目でみておくと、イメージトレーニングになる。
5)とにかく数こなすこと。

 また師匠は、今年オオクワのブリードもやったそうだが、産卵木
が削られているにもかかわらず、一匹も幼虫がとれなかったそうだ。
うちと同じ。ちょっとほっとする。
 柏崎では、ヒラタクワガタの♂が採れたそうだ。♀はオオクワの♀
との違いがイマイチわからないということだった。
 虫の世界は奥が深い。私はまだまだ初心者の域からでられない。
[PR]
by nokogirisou | 2005-11-03 21:36 | 虫たち
<< 音楽と科学のふれあい 『由香里の死そして愛ー積木くず... >>