柏崎刈羽の悲劇

  知人が柏崎に行ってきた。
  実際に被災地を見てショックを受けて戻ってきた。
やはり、テレビとは違う。印象がまったく異なると言っていた。
アスファルトは波打ち、家は崩れている。シートがかかっていたり
赤紙が貼られていたり。電信柱は傾いている。あちこちに自衛隊が
待機している。
 心配だった、トンボの池を見にいくと、土砂がくずれ、ひどい荒れ
ようだったという。チョウトンボとギンヤンマが飛んでいたが、とても
網をふる気になれなかったそうだ。
 一生懸命、後かたづけをしている人たちがいるのに、とてもとても
昆虫採集などしていられなかったと…。そのとおりだろうと思う。
 大事なとんぼの池が悲惨な状況になっていると知り、残念でなら
ない。中越地震の後もハッチョウトンボの生息地がひどい目にあって
いた。もともに戻るまで相当な時間がかかりそうだ。
[PR]
by nokogirisou | 2007-07-30 21:30 | 虫たち
<< 『バッテリー』あさのあつこ著 ... 『女性の品格』坂東真理子 PHP新書 >>