カテゴリ:星空( 3 )

台風一過の空

 すっかり朝晩はすずしい…ところか寒くなった。
昨日の夕方、帰宅途中、みごとな三日月のそばに金星輝いているのを見た。
まるで絵本の中にでてくるような
空がひろーく、月はとんがり、日没直後のグラデーションの空。

More
[PR]
by nokogirisou | 2005-09-09 04:59 | 星空

胎内星まつり

胎内星まつりに行ってきた。
26日は雨天で予定行事が終わらなかったようだが、今日はさいわいいい天気。
ここの星まつりは今年22回目。知る人ぞ知る恒例の行事らしく、他県からもたく
さんの客がきていた。道路まで車がいっぱい。あちこちでキャンプをしている人だらけ。
 胎内にこんなに人が集まるとはおどろきだった。天文館前の広場はテントが
貼られ、天文に関係する各社が出店を出していた。
 明るいうちはお店のひやかしや、オークションに参加したり、近くの胎内ロイヤルヤ
ルパークホテルの温泉に入りにいったり、胎内の手打ちそばを食べたりしていた。
 7時半ころから金星、木星が見え始める。
 あっという間に星空に。まさに満天の星だった、天の川が見えた。
人が多すぎてドームの天体望遠鏡観察は整理券順にちょっとしか見られなかった
のは残念だが、肉眼でプラネタリウムのような空を見られたのは得した気分であった。
夜空の持つ力に圧倒される。
 
[PR]
by nokogirisou | 2005-08-27 23:30 | 星空

天の川を見る!

  23日。「ほぼ日手帳」で十六夜であることを確認。
  お天気良好(夕方は、どうしても雲が出てしまうが。
  胎内の観光掲示板で星空ウォッチング実施を確認。
  夕食後、胎内に向かう。向かう途中で金星が見えた。
約1時間で「胎内自然天文館」に到着。
 初めは、金星、木星くらいしか見えなかったが、だんだん
暗くなって、たくさんの星が見え始めた。まだ月は出ていない。
じっと見ていると、動くモノがある。「人工衛星だよ」と天文おじ
さんが教えてくれる。天文おじさんは3人いらした。
 ここの職員の方ひとり、新潟の自然科学館の星空ウォッチン
グ担当の方ひとり、それから、割と若いぼうしをかぶったお兄さん。
 望遠鏡は4台。金星、木星、アルビレオ、ベガにあわせてあった。
 だんだん暗くなってくる。だんだん目が慣れてくる。さそり座、いて座
がくっきり。カシオペア座のwの形もくっきり。新潟市内で見える星の数
とは比べものにならない。
 8時半を過ぎたころ、天の川が見えた!たしかに織り姫星「ベガ」
と彦星「アルタイル」の間に流れている。でも、子どもの頃に見た
天の川は、もっと濃くしろっぽかったような気がする。
 それでもとにかく天の川を実際に見たのは、子どものとき以来で
ちょっと感動した。
 「あ!流れ星!」という声が2名。星空をバックに手前を流れている
感じがしたという。8月12日は南の空にペルセウス座流星群が見ら
れるという。流星は夜遅くの方がよく見えるらしい。
 神林村にも「ポーラースター・カミハヤシ」という天体観察施設がある
そうだ。こちらは周りに光がなく、もっと星が見えるという。 
[PR]
by nokogirisou | 2005-07-24 04:13 | 星空

感じたこと・考えたことを忘れないために。