カテゴリ:テニス( 37 )

右腕の筋肉

  ここしばらく、部活に熱中していて、練習メニューや、球出しにば
かり関心があったが、ようやく一段落して、自分自身のテニス
もしっかりやらねばと思うようになった。
 課題はストレートアタックとポーチ。攻撃的なテニスをしろとコーチ
がいう。けれども私はへっぴり腰で中途半端なストレートを打っては
相手のチャンスボールになってしまうし、ポーチに早く出すぎて、ス
トレートに抜かれたりしている。相変わらず失敗の多い私である。
 久しぶりに2日連続でテニスをしたが、筋肉痛である。いかに鍛え
ていなかったかがよくわかる。
「一週間に一回のテニスじゃ上達しないよ」
とみなさんに言われるが、一週間に一回休まずレッスンに行くのも
けっこうしんどい。
 あとは、毎日5分の腹筋のトレーニングをすることにした。これは
『読む筋トレ』を読んでその気になった。ようやく2週間続いたところだ。
一回5分だからなんとかいける、
 右肩がなんだか重い。もっと鍛えなければ! 
  
[PR]
by nokogirisou | 2011-06-20 23:57 | テニス

最後のレッスン

  テニススクールのIコーチのレッスンは今日で最後となった。
コーチは大学卒業後、就職で新潟を去るのだそうだ。本当に残念
である。コーチのおかげで、できるようになったことがたくさんある。
ロブもスマッシュも、まったくだめだったが、チャンスがあったら
チャレンジするようになった。サーブのグリップと脚の向きもさんざん
注意かな。それから、何度も注意されたので、とにかく立ち位置を考
えるようになった。いつ前にでたらいいのか、いつ下がればいいのか。
チャンスがあったら前に出るということができるようになった。今まで
はいつもベースラインあたりにへばりついてクロスで打ち合いばかり
していたので。
 何より、テニスが楽しかった。同じレッスンに参加するみなさんが
とても生き生きテニスをしていて、本当にいい感じを味わえた。
この1年、毎週火曜日が楽しみだった。充実のレッスンをしてくれた
Iコーチには本当に感謝である。

 来週からは、Hコーチになる。また気分を新たにやっていこう。
Iコーチが太陽だとするとHコーチは月のイメージ。静かでおとなしい
が、おさえるべきところはしっかりおさえる。
 本当にテニスのコーチは10人10色だなと思う。
 
[PR]
by nokogirisou | 2009-02-24 23:21 | テニス

テニススクールの日々

 月火と2日続けてテニススクールのレッスンに通った。
いつものIコーチが2日ともお休みで残念だったがKコーチ
Hコーチのお二人のレッスンも新鮮で勉強になった。
 コーチによってみんなそれぞれ教え方は違うのだが、
それぞれから学ぶことができ、混乱することはまずない。
 Kコーチからはストロークのスタンスやフォームを詳しく
教えてもらい、グリップを直された。肩のいれかたを今まで
あまり意識していなかったので気を付けようと思う。
 Hコーチのレッスンでは、サーブアンドボレーとリターン
ダッシュを徹底的にやった。セカンドサーブをスライスで
レシーブし前に出てボレーをする練習がとてもためになった。
スライスでレシーブすると時間稼ぎができ、前に出てスプリ
ットステップをしてボレーにうつれる。
 試合練習のときも、スライスのレシーブやスライスのロブ
にチャレンジしてみた。
 やはり2日連続してテニスをするのはいい。
体がよく動く。そして、テニスの後はすこぶる精神が健康になる。
この年になってこんなに熱中できることに出会えるとは思わなか
った。
[PR]
by nokogirisou | 2009-02-10 23:06 | テニス

初打ち

今年の打ち初め。今日が今年最初のスクールだった。
シューズを新しくし、気持ち一新。やはりヨネックスのシューズ
はなかなかいい。動きやすい。足にフィットする感じがよい。
今日はメンバー全員参加でみなさんの意気込みが伝わってくる。

 ボレーボレー、ショート、クロスのストローク
 球出しのボレー
 ダブルスのフォーメーション
 ストロークvsボレー
 サーブ練習
 試合
 
 テニスをするとドーパミンが出っぱなしになる。 ラケットの
スイートスポットに当たるともちろん快感なのだが、それだけ
でなく、黄色いボールを追いかけているだけでなんとも幸せに
なる。いくらでも走れる。
 だが、コーチからは無意識にコートの中で動いていては
いけないと注意される。できるだけチャンスがあったら前に
出ろと。中途半端な位置にいるとボレーのチャンスをうしな
ってしまうと。これって、年末にもコーチに言われたことだ。
 本当に意識して、頭をつかってボールを打たなければいけ
ないのだと思う。
 それにしても、私はコーチのファンである。コーチのフォーム
にほれぼれしてしまう。特にサーブ。
[PR]
by nokogirisou | 2009-01-07 23:13 | テニス

今年最後のレッスン

 今年は本当にテニス三昧だったと思う。こんなにテニスに夢中になったことはない。
ようやくルールブックや指南本を読破したし、練習のこつもわかってきた。
 でも私自身のテニスの腕はまだまだだ。上達していない。試合に勝てない。
 今日は今年最後のレッスンだったので、試合中心だった。最初の試合ではポーチに
出たり、リターンをボレーしたり、ストレートをねらったり、鮮やかに決めることができる
のだが、2度目は許されない。みんなすぐに用心するしガードが固くなる。同じ手段で
得点できないのだ。
だんだんこちらも決め手がなくなって負けてしまうという、悔しい逆転負けをした。
 コーチは私の立ち位置が悪いという。ダブルスはポジショニングを考えもう一人とカバ
ーするように動かねばならないと注意される。それから、ボールがフォアに来てもバック
にきてもいいように準備しておけという。用意が遅いので、返せないことが多いと指摘を
受ける。
 まったくその通りだ。頭ではわかっているのだが、その場では動けない。いったいどうし
たらいいのだ?
 最後の試合が不本意のまま終わってしまう。
 来年のテニスの目標はポジショニングだ。自分の立ち位置を意識してがんばろうと思う。 
[PR]
by nokogirisou | 2008-12-24 00:18 | テニス

コーチ

 今のスクールに移って1年3ヶ月たった。今のコーチとちょうど1年のつきあい
になる。おかげさまでこの1年間、スクールはとても楽しかったし、テニスの定石みたい
なものを知ることができた。コーチは大学4年生で、就職も決まり、私たちの指導は2月
までとなる。大変残念である。
 いろいろなコーチにテニスを習ってきたが、今のコーチは大学生という感じがしない。
不思議なものである。コーチ向きの人である。

 ・挨拶がさわやかである。
 ・説明がわかりやすい。
 ・毎回テーマがはっきりしている。
 ・スクール生とコミュニケーションをとるのがうまい。
 ・一人一人に適切なアドバイスをしてくれる。

 どうやって、レッスンのメニューを考えるのか聞いてみると、テニスの本を読みまくり、
人の教授法を学び、日々勉強しているとのことだった。
 やはり、努力なくていいコーチはできない。
 テニスは奥深いスポーツだが、コーチングもまた奥が深い。
 コーチがスクールにいる間にスライスサーブとスマッシュをマスターしようと思う。 
 
[PR]
by nokogirisou | 2008-12-02 22:58 | テニス

コーチのありがたさ

  コーチングがはやっているが、とてもむずかしい。
実はこの夏は、テニス三昧だった。7,8、9月とテニスは大会だらけ。
とは言っても、私が試合に出るのではない。なんと、高校生のテニス
チームのコーチになってしまったのだ。しかしテニスのコーチなんて
やったことがない。私にできるのは試合を見たり、応援したり、コートを
借りたり、マネージャーのような仕事をするだけ。
 高校生おそるべしである。筋肉は美しく、鮮やかなショットをきめる。
 その生徒さんたちになんとアドバイスしたらよいのか、本当に苦しい
夏であった。自分でもまだまだ勉強中。テニスのことなどよくわからない
のに、自分よりうまい高校生さんのプレーにコメントしなければならない。
 とにかく、テニスの本を読み、スクールのコーチに相談もしてみた。しかし
結局は目の前の生徒と関わっていくしかない。生徒の練習と試合を徹底的
に見ることにした。私のコメントでは物足りなかっただろうに、生徒さんたち
は自力でがんばって、けっこういい成績を残してくれた。おかげで、テニスが
ますます好きになり、テニスコートが身近になった。
 こうして高校生のテニスはシーズンオフを迎えた…。
 自分のテニスをどうにかしなければならない季節だ。スクールにいくと
コーチが今日のテーマを決めて球出しをしてくれる。ダブルス練習していて
ミスすれば、コーチはすぐに「こうすればよかったですね」とアドバイスを
くれる。練習試合をしている最中もタイミングよく、プレーの善し悪しのコメント
をくれる。「そうか、そうだったのか」と納得できる。さすがコーチ、よく見ている。
こんな風に自分も人のプレーを見ることができたらよいのだが…。
 
 
[PR]
by nokogirisou | 2008-10-01 22:11 | テニス

試合と練習

 先日、「公式試合に出なくちゃスポーツはつまらない」「いやいやすること
自体が楽しいんだ」ということでちょっとした議論になった。
 テニスに関しては、どちらも一理あり。
 やはり、試合に出て、いろいろな人と闘うことで上達する部分はあると
思う。試合でしか味わえない緊張感もあるだろう。精神的に鍛えられる。
でも公式試合に出なくてもテニスが楽しいのは事実だ。毎週毎週テニスの日
が何より楽しい。
スクールでも毎回試合をするが、これだってけっこう刺激になる。試合が始まると
気持ちの揺れがそのままプレーに出てしまう。不安は特にサーブに出てしまう。

レッスンは、ウォーミングアップ、ショートラリー、ボレーボレー、ボレー対ストローク
ロングラリー、今日の練習、サーブ練習、試合という流れがあるので飽きずにずっと
楽しめるが、もし、ずっとストロークばっかり何時間もやっていたって、あるいは
ボレーボレーを何時間もやっていたって飽きない自信がある。
テニスは、そういうスポーツだ。
今日も2レッスン。試合は4-2で負ける。ボレーミスでの失点ばかり。
その後けっこう尾を引いている。
[PR]
by nokogirisou | 2006-02-18 23:28 | テニス

テニス 今週の反省

 2レッスン連続で参加した。同じランクなのだが、最近ランクアップした
若手の多いクラス、もう一方が、ベテランのクラス。
 テーマは逆クロスのストローク。フォアとバックと両方。
 若手クラスは、とにかくよく動く。元気がよい。パワフルな練習である。
フォームも美しい。しかし、やはりベテランクラスのレベルが高いのである。
どんなにおしゃべりしていても、どんなにフォームに癖があっても練習が始
まるとすごい集中力。しかも試合に強い。ベテランの力を思い知る。試合の
レベルが高い。
 この力の差は何なのだろう?
 経験の差か?
とにかくとっさの動きがよい。ボールにすぐ反応する。自分がどこに行けば
一番よいかわかっている。自分も早く、この域に達したいものだと思う。
テニスは年をとってもできるスポーツだと確信した。
 
[PR]
by nokogirisou | 2006-02-11 23:11 | テニス

今より一歩

いろいろな場面で、趣味やスポーツの話になって、
私がテニスをやっていると言うと意外な顔をされる。
「そんな暇があるのですか?」という反応
「今さら始めたのですか?」という反応
「本当にテニスできるの?」という3種類の反応がある。

More
[PR]
by nokogirisou | 2006-02-11 22:52 | テニス

感じたこと・考えたことを忘れないために。